御幣受け取り竿燈まつりの安全祈願 秋田市の八幡秋田神社

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐々木副会長(左)から御幣を受け取る参加竿燈会の代表者
佐々木副会長(左)から御幣を受け取る参加竿燈会の代表者

 秋田竿燈まつりの成功と安全を祈願する「御幣渡しの式」が3日朝、秋田市千秋公園の八幡秋田神社で行われ、参加する74竿燈会の代表者が御幣を受け取った。御幣は出竿する竿燈計281本の先端に取り付けられる。

 神事に続き、市竿燈会の鈴木文明会長が集まった約250人を前に「暑い日が続くので体調管理に気を付けてほしい。練習の成果を遺憾なく発揮し、楽しいまつりにしよう」とあいさつ。佐々木清副会長が、町内会や企業、団体などの竿燈会の代表者一人一人に御幣を手渡した。

(全文 384 文字 / 残り 158 文字)