あきた湖東の「枝豆ゆうパック」全国へ 八郎潟町で出発式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JAあきた湖東産エダマメを積んだトラックを見送った出発式
JAあきた湖東産エダマメを積んだトラックを見送った出発式

 JAあきた湖東(本所・秋田県五城目町)管内産エダマメの郵便小包「枝豆ゆうパック」の第1便出発式が5日、八郎潟町の同JAエダマメ共同選別施設で行われた。JAや郵便局の関係者ら60人が出席し、全国に発送するトラックを見送った。

 同JAの枝豆ゆうパックは秋田、潟上、男鹿3市と南秋田郡内の郵便局でつくる県中部地区連絡会が実施。品種は「湯上がり娘」と「あきたほのか」の2種で、申し込み期間によって異なる。いずれも1箱1・5キロ入りで2800円(送料、税込み)。今年は2200箱を目標にしている。新鮮なうちに県内外の消費者へ直接届けられるのが特徴という。

(全文 499 文字 / 残り 226 文字)