LGBTの現状語り合う、札幌 米同性婚実現の立役者ら

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パネルディスカッションでLGBTの現状について語り合うエバン・ウォルフソン氏(左から4人目)ら=5日午後、札幌市
パネルディスカッションでLGBTの現状について語り合うエバン・ウォルフソン氏(左から4人目)ら=5日午後、札幌市

 レズビアンやゲイなどの性的少数者(LGBT)をテーマにしたパネルディスカッションが5日、札幌市で開かれた。米国で同性婚実現のキャンペーンを率いたエバン・ウォルフソン氏や、日本の同性婚訴訟の代理人弁護士らが「LGBTは真綿で首を絞められるような差別を受けている」「愛や家族といったテーマが対話の糸口になる」などと語り合った。

 ウォルフソン氏は2003年に米国で同性婚の制度化を目指す団体「フリーダム・トゥ・マリー」を立ち上げ、運動を先導。米連邦最高裁は15年、同性婚を認める判決を出した。団体は16年に解散した。