短歌と暮らす:父母を詠む 2人の全て胸に抱き

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大好きな両親の写真を手に、2人への思いを語る眞野さん
大好きな両親の写真を手に、2人への思いを語る眞野さん

父ははの並ぶ写真は一枚のみ野良着の母と片麻痺の父

眞野ミチ(男鹿市)


 古いモノクロ写真に納まるのは、眞野(まの)ミチさん(73)=男鹿市野石=の両親。野良着姿の母と、片(かた)まひの父である。今は亡き2人が一緒の写真は、眞野さんの短歌にある通り、この1枚しかない。撮影場所は実家の居間。いつ頃のものかは、分からない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1303 文字 / 残り 1146 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース