由利鉄「ビール列車」運行 ジョッキ持ち風景満喫

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
車内で乾杯する参加者
車内で乾杯する参加者

 由利高原鉄道(秋田県由利本荘市、萱場道夫社長)企画の「納涼ビール列車」が3日運行された。市内外の25人が鳥海山ろく線に乗車し、ジョッキ片手に車窓の風景や友人との会話を満喫した。

 参加者は午後4時45分に羽後本荘駅を出発すると、すぐに乾杯。ちょうちんや浮輪、すだれなど夏をイメージした手作りの装飾が施された車内で、渇いた喉に冷えたビールを一気に流し込んでいた。

(全文 296 文字 / 残り 116 文字)