時代を語る・佐藤明(20)独学で表現法を模索

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
かつてメモ用紙に描いた絵のイメージ
かつてメモ用紙に描いた絵のイメージ

 初めからずっと、水彩絵の具を使っています。紙に描きたかったからです。紙の質感が俺には合っているんですよ。

 描き方を習ったことはありません。初めの何年かはずっと、まるで落書きするみたいに描いていました。今考えれば、描きたいと思ったイメージを表現できる描き方をあれこれ模索していたんだと思います。でも、もちろん簡単じゃない。だから、描き始めの数年間に作品と言えるものはほとんどありません。

(全文 753 文字 / 残り 560 文字)

この連載企画の記事一覧