十八駅伝、小森コーポレーションが連覇 女子は東北福祉大A

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トップでゴールし、連覇を達成した小森コーポレーションのアンカー馬場=鹿角市八幡平
トップでゴールし、連覇を達成した小森コーポレーションのアンカー馬場=鹿角市八幡平

 第72回十和田八幡平駅伝競走全国大会(鹿角市主催、秋田魁新報社など後援)が7日、十和田湖と八幡平を結ぶコースで行われた。17チームが出場した男子の部(5区間71・6キロ)は小森コーポレーション(茨城)が3時間50分26秒で2年連続6度目の優勝を飾った。男子の県勢は秋田陸協の9位が最高だった。オープン参加1チームを含む6チームが走った女子の部(5区間28・1キロ)は東北福祉大A(宮城)が1時間38分31秒で初優勝した。

(全文 410 文字 / 残り 199 文字)