インターハイ新体操、秋田北16位 力出し切り表情晴れやか

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【新体操女子団体】クラブとフープを手に優雅に踊った秋田北=鹿児島アリーナ
【新体操女子団体】クラブとフープを手に優雅に踊った秋田北=鹿児島アリーナ

 全国高校総体(南部九州インターハイ)第12日は7日、各地で6競技を行った。

 新体操女子団体の秋田北は16位、陸上男子5000メートルの高橋銀河(秋田工3年)は決勝で17位だった。弓道は女子の三浦愛華(西目3年)が決勝に進んだが、入賞に届かなかった。

 新体操女子団体の秋田北は入賞を逃したが、大きなミスもなく終え「今できる精いっぱいの演技をやりきれた」と表情は晴れやかだった。

(全文 473 文字 / 残り 285 文字)