にかほで南極講座、ロス棚氷を学ぶ 阿部さんの冒険後押し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ロス棚氷について解説する渡辺さん
ロス棚氷について解説する渡辺さん

 秋田県にかほ市金浦出身の日本初の南極探検隊長・白瀬矗(のぶ)中尉(1861~1946年)の功績や、南極の地理、気象などへの理解を深める教養講座がこのほど、同市の金浦勤労者研修センター・エニワンで開かれ、25人が参加した。白瀬矗顕彰会の主催。

 元国立極地研究所長の渡辺興亜さんが講師を務め、南極大陸の探検の入り口となってきた「ロス棚氷」について解説した。

(全文 467 文字 / 残り 290 文字)