熊本市が同性のパートナー初公認 「いろんな幸せの形ある」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
熊本市の多野春光副市長(左)から宣誓書受領証の交付を受けるLGBTカップル=8日午後、熊本市役所
熊本市の多野春光副市長(左)から宣誓書受領証の交付を受けるLGBTカップル=8日午後、熊本市役所

 性的少数者(LGBT)のカップルを、結婚に相当する関係として公認する「パートナーシップ制度」を4月に導入した熊本市で8日、戸籍上は同性のカップルが、初めてパートナーとして認められた。

 熊本市西区在住で、性同一性障害で心は男性のイラストレーター(23)と、アルバイトの女性(22)が「お互いを人生のパートナーとする」と宣誓。2人は「うれしい限り。いろんな幸せの形がある。ゆっくり時間をかけて周りに理解してもらえれば」と話した。

 宣誓書受領証を渡した多野春光副市長は「お互いに協力して励まし合い、楽しい人生を歩んでほしい」と祝福した。