児童が一流選手の技学ぶ 秋田市でスポーツイベント【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
北都銀の選手がお手本を披露するのを真剣な表情で見守る参加者
北都銀の選手がお手本を披露するのを真剣な表情で見守る参加者

 小学生が北都銀行バドミントン部の選手やバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)のコーチらとスポーツを楽しむ「キッズチャレンジスポーツ」が9日、秋田市雄和の県立中央公園トレーニングセンターで開かれた。45人が参加し、第一線で活躍する選手らから手ほどきを受けた。

 北都銀バドミントン部からは浦谷夏未選手(27)、小松ゆい選手(18)ら7人が参加。小松選手は「シャトルを打つときは、足をしっかり踏み込んで」と説明し、お手本を披露。子どもたちはラケットを思い切り振ってシャトルを打ち返した。

 秋田NHからは吉元悠(36)、水町亮介(37)の両コーチが参加。ドリブル、シュートといった基本動作を指導した。

(全文 530 文字 / 残り 214 文字)