森山 この先の道(上)急な一本道が頼り【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
5月中旬の森山第2高地。水田に水が張った夕景を撮ろうと多くのカメラマンが訪れた
5月中旬の森山第2高地。水田に水が張った夕景を撮ろうと多くのカメラマンが訪れた

 秋田県五城目町の森山(325メートル)は眺望が良いことで知られ、初心者でも登りやすい里山として町民らに親しまれている。一方、観光や登山客の呼び込みを図るには、アクセス道の悪さやクマの出没といった課題が横たわる。「森山 この先の道」は、森山の課題と魅力を掘り下げる。

◇    ◇

 八郎湖周辺の水田地帯を一望できることで知られる五城目町の森山の第2高地(約285メートル)。近年、地元行政関係者らの間でひそかに心配の種になっている。

 車で登れる上、観光雑誌やインターネットに写真が載る機会が増え、撮影スポットとしてアマチュア写真家らに人気の場所。しかし、現地に至る車道は未舗装の急な一本道しかない。山頂の駐車スペースも狭く、来訪者が特に多い5、6月は駐車場がふさがる日もある。人気が高まるほど交通トラブルのリスクも増しかねない。関係者の胸中は複雑だ。

(全文 1146 文字 / 残り 772 文字)

この連載企画の記事一覧