県内猛烈な雨と落雷 火災や停電、交通機関に乱れ【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
秋田市では大気が不安定になり雷が発生した=10日午前4時35分
秋田市では大気が不安定になり雷が発生した=10日午前4時35分

 秋田県内は10日、上空に寒気と温かく湿った空気が入り込んだ影響で大気が不安定となり、未明から昼前にかけて県央、県南部で激しい雷や雨に見舞われた。

 落雷が原因とみられる火災や停電が発生。横手市西部に「記録的短時間大雨情報」が発表されたほか、由利本荘市笹子など4地点で観測史上最大の1時間降水量を記録した。人的被害はなかったが、屋根の剝離など11件の建物被害が確認された。交通機関も乱れ、お盆を古里で迎える人たちの帰省ラッシュにも影響が出た。

 秋田地方気象台によると、横手市西部で午前6時40分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降り、「数年に一度の大雨」を指す記録的短時間大雨情報を出した。

(全文 631 文字 / 残り 335 文字)