時代を語る・佐藤明(23)NYに滞在し絵描く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
伊藤時男さんから届いた写真展への招待状。宛名の「佐東」は雅号=平成4年
伊藤時男さんから届いた写真展への招待状。宛名の「佐東」は雅号=平成4年

 ニューヨークで、大館出身の池田均君から写真家の伊藤時男さんを紹介されました。2人は、東京で一緒に写真を学んだ仲だそうです。伊藤さんはその頃、ニューヨークに自分のスタジオを構えていました。

 俺は、コンテンポラリーアート協会主催のニューヨークでの展示会に、平成4(1992)年まで4年続けて出品し、その関係で毎年のようにニューヨークに行きました。そして、そのたびに伊藤さんに会いました。なぜか意気投合したんです。気さくな人だったし、彼は俺の絵の理解者でした。

(全文 738 文字 / 残り 510 文字)

この連載企画の記事一覧