昼と違う!夜の姿を観察 大森山、15日まで「夜の動物園」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カピバラの食事の様子を多くの来場者が楽しんだ「まんまタイム」
カピバラの食事の様子を多くの来場者が楽しんだ「まんまタイム」

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園、小松守園長)で10日、「夜の動物園」が始まった。日没後に活発な動きを見せる動物もおり、多くの来場者を楽しませた。

 動物の食事の様子を観察できる「まんまタイム」が行われ、ネズミの仲間で世界最大のカピバラには、普段の餌のササではなく、スイカが特別に振る舞われた。来場者は愛らしい姿を写真に収め、飼育員から「夕方に活発に動く」「水分が多い食べ物を好み、スイカは皮ごと食べる」と説明を受けていた。

 夜行性のシンリンオオカミは足取り軽く動き回り、餌の鶏肉を与えられると勢いよく飛びついていた。

(全文 526 文字 / 残り 260 文字)