時代を語る・佐藤明(24)レコードからCDへ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
店があまり忙しくない時は、CD棚の前が定位置
店があまり忙しくない時は、CD棚の前が定位置

 1980年代の中頃には、コンパクト・ディスク(CD)がどんどん出回るようになりました。初めは非常に高価だったCDプレーヤーの価格も徐々に下がり、CDがやがてレコードに取って代わるのは明らかな情勢でした。

 昭和62(1987)年に、ジャズ喫茶ミントンハウスで使う音源をCDに切り替える決断をしました。残念がるお客さんが多かったですね。何しろ長くレコードに慣れ親しんだ人たちばかりですから。それに初期のCDはアナログのレコードに比べて、やせて乾いた感じの音がしましたしね。

(全文 735 文字 / 残り 500 文字)

この連載企画の記事一覧