森山 この先の道(下)山頂からの眺め【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
森山第2高地から眺めた西側の景色。水が張られた水田が夕空を映し、黄金色に輝く(5月23日撮影)
森山第2高地から眺めた西側の景色。水が張られた水田が夕空を映し、黄金色に輝く(5月23日撮影)

 「ほかのどこにもない絶景」。秋田県五城目町の森山からの眺望について、訪れた人たちは絶賛する。麓の町から気軽に登れる里山として親しまれ、愛好者団体もある。観光の目玉や健康づくりに、森山をもっと活用すべきという町民らの声は根強い。

 人気が高いのは第2高地(約285メートル)からの眺め。麓の街並みや水田地帯が一望でき、田んぼに水が張る5、6月は来訪者が特に多い。

 5月中旬、東京から北海道に帰る途中で訪れたという男性は「インターネットで情報を見つけて来た。ほかの景勝地にも寄ったが、森山は特にいい」と興奮。「絶景だ」と何度もつぶやき、盛んにカメラのシャッターを切った。

 町在住の森山愛好者、佐藤久悦さん(67)=会社員=は「第2高地からの眺めは四季折々、ダイナミックに変わる。一面の水田地帯が、夏は緑一色、秋は黄金色に染まり、どれも見事だ」と語る。

(全文 1101 文字 / 残り 728 文字)

この連載企画の記事一覧