花咲徳栄、高森(象潟中出)救援実らず 再び甲子園出場誓う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7回裏明石商無死一、三塁、重宮が右前に適時打を放つ。投手高森=甲子園
7回裏明石商無死一、三塁、重宮が右前に適時打を放つ。投手高森=甲子園

 全国高校野球選手権大会第6日は11日、甲子園球場で2回戦が行われた。今春の選抜大会4強の明石商が花咲徳栄(埼玉)に4―3で競り勝った。

 3―3の七回、来田の二塁打を足掛かりに、無死一、三塁から、重宮の右前への適時打で勝ち越した。1点を追う五回に水上の2点本塁打で逆転。その後2度、追い付かれたが、すぐに突き放した。中森は丁寧にコーナーを突き、6安打3失点で完投した。

 花咲徳栄は7回からリリーフした高森陽生(はるき、象潟中出)ら投手陣が粘り強く投げたが、失策が失点に絡んだ。

(全文 305 文字 / 残り 67 文字)

2年生高森「来年またマウンドに立つ」

 猛打で埼玉大会を制した花咲徳栄は明石商・中森の前に6安打に終わった。岩井監督は「最後まで捉えきれなかったのは(相手投手の)投球術だと思う」とさばさばした表情で振り返った。

 七回に先発の中津原に代打を送ったのは「攻めの姿勢を植えつけるためだった」(監督)という。その直後に菅原の本塁打で追い付いたが2番手の高森が勝ち越しを許した。象潟中から花咲徳栄に進んだ2年生の高森は涙をこらえ「来年また甲子園のマウンドに立てるように頑張る」と誓った。