気分は運転士、内陸線の裏側探検 北秋田市・阿仁合駅

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
車両を手押しで動かすことに挑戦した
車両を手押しで動かすことに挑戦した

 秋田内陸線の設備や車両を見学する「スマイルレール探検隊」が10日、秋田県北秋田市の阿仁合駅で開かれた。親子連れなど14人が、普段は入ることのできない車両基地で運転士体験などを楽しんだ。

 内陸線を運行する秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)が、全線開業30周年事業の一環で企画した。9月14日と、10月12日にも開催する。

(全文 444 文字 / 残り 287 文字)