木のおもちゃ美術館10万人突破 くす玉を割り祝福

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
10万人目の来館者となった佐々木思歌ちゃん(中央)
10万人目の来館者となった佐々木思歌ちゃん(中央)

 昨年7月に秋田県由利本荘市町村(まちむら)にオープンした鳥海山木のおもちゃ美術館の来館者が12日、10万人を突破した。10万人目となった潟上市天王の佐々木思歌(おうか)ちゃん(3)に記念品として木のおもちゃが贈られた。

 思歌ちゃんは両親や親戚と共に午前9時半ごろ来館。記念セレモニーでは、くす玉を割って10万人達成を祝い、長谷部誠市長がケヤキ製のキジの人形と、秋田杉製の積み木を思歌ちゃんに手渡した。思歌ちゃんは「おもちゃをもらえてうれしい。楽しい場所だからまた来たい」と話した。

(全文 407 文字 / 残り 166 文字)