帰省中の学生ら就職情報収集 秋田市でAターンフェア

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
帰省中の学生ら約300人が来場したAターンフェア
帰省中の学生ら約300人が来場したAターンフェア

 秋田県外在住者を対象とした就職相談会「Aターンフェア」が12日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで開かれた。帰省中の学生や社会人ら約300人が県内企業の担当者から業務内容について説明を受けた。県や秋田労働局などの主催。

 県内に本社や事業所がある製造業や情報通信業など50の企業、団体が個別にブースを設けた。担当者がパソコンやタブレットを使って事業や福利厚生などについて説明すると、参加者はメモを取ったり質問したりして熱心に耳を傾けた。

 神奈川県から本県に先月戻ってきたという秋田市出身の女性(40)は「さまざまな企業から直接話を聞き、質問できる機会は少ない。子育てとうまく両立できる職場を探したい」と話した。

(全文 498 文字 / 残り 192 文字)