耐久ラリー、愛知総合工科高がV 大潟村ソーラーバイシクル

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
耐久ラリーで優勝した愛知総合工科高校専攻科のメンバー
耐久ラリーで優勝した愛知総合工科高校専攻科のメンバー

 ソーラーカーとソーラーバイシクルの走行大会「2019ワールド・グリーン・チャレンジ」は最終日の12日、秋田県大潟村のソーラースポーツラインでバイシクル・レースを行った。2部門に計12台が出場し、耐久ラリーは愛知総合工科高校専攻科(愛知)、100キロマラソンは「GLANZ」(栃木)がそれぞれ優勝した。

 耐久ラリーは太陽電池のみを動力にするマシンを使い、1周25キロのコースを5時間で何周できるか競う。マラソンは自転車に太陽電池を積み、ペダルをこぐ力と電池の力を併用し、コースを4周する速さを競った。

(全文 540 文字 / 残り 290 文字)