15日も県内各地高温に 熱中症に注意

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木陰に入り、水鉄砲で遊ぶ子どもたち=14日午後4時ごろ、八峰町峰浜のポンポコ山公園
木陰に入り、水鉄砲で遊ぶ子どもたち=14日午後4時ごろ、八峰町峰浜のポンポコ山公園

 県内は15日も厳しい暑さが続きそうだ。最高気温は横手市が36度、秋田市と北秋田市鷹巣が35度の予想で、秋田地方気象台は引き続き熱中症への注意を呼び掛けている。また、台風10号は16日夕方から夜にかけて本県に最も接近するとみられ、15日夜から風が強まる見込み。

 県内のほとんどで真夏日となった14日も、熱中症とみられる症状で救急搬送される人が相次いだ。各消防本部によると、午後5時までに、小学生から90代までの男女12人が搬送されたが、いずれも命に別条はない。

(全文 455 文字 / 残り 225 文字)