「もしも」テーマ、夜空に1万発 男鹿日本海花火

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
船川港の夜空を彩った男鹿日本海花火
船川港の夜空を彩った男鹿日本海花火

 第17回男鹿日本海花火が14日、秋田県男鹿市船川港船川のOGAマリンパークで行われた。「if もしもの世界」をテーマに創作花火約1万発が夏の夜空を彩った。市内企業や町内会などでつくる実行委員会(会長・菅原広二市長)の主催。

 「もしも夏なのに雪が降ってきたら」「もしも寒風山にUFOが現れたら」といったユニークなテーマを表現した仕掛け花火やスターマインが、音楽に合わせて次々と打ち上げられた。

(全文 282 文字 / 残り 86 文字)