輝星3被弾でKO、2敗目 「パワー負けした」と肩落とす

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1回、ロッテ・鈴木に2ランを浴びた日本ハム・吉田輝=東京ドーム
1回、ロッテ・鈴木に2ランを浴びた日本ハム・吉田輝=東京ドーム

 日本ハムのドラフト1位ルーキー吉田輝星は3度目の登板で、3本塁打を浴びるなど2回0/3を投げて6失点で2敗目を喫した。試合後に2軍で調整することが決まり「いい感覚で投げられたボールはあったが、その割合が低かった。初回はストレートを狙われていた。パワー負けしました」と肩を落とした。

 自慢の直球を打ち返された。一回、1番打者の荻野に直球を連投して左越えに本塁打を浴びた。四球を挟み、鈴木に高めの直球を右翼席に運ばれるとその後も立ち直れない。二回に再び荻野に一発を許し、三回に先頭打者に安打されたところで降板。「気持ち的に逃げてしまっていた。ストレートを重点的にやって、ストレートだけで抑えられるようにしたい」と気持ちを切り替えた。

(全文 418 文字 / 残り 103 文字)