先祖供養や五穀豊穣を願い「ささら舞」奉納【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
雲巌寺境内で太鼓を打ち鳴らしながら披露された白岩ささら
雲巌寺境内で太鼓を打ち鳴らしながら披露された白岩ささら

 400年以上の歴史があるとされる秋田県仙北市角館町の送り盆行事「ささら舞」が15日、市内各地で行われた。3匹の獅子が先祖を供養する舞いを踊り、集まった見物客を魅了した。

 ささら舞は、常陸から秋田に国替えとなった初代藩主・佐竹義宣を慰めるため家臣らが舞ったのが起源とされる。現在は先祖供養や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願する盆行事として、白岩、広久内の2地区の団体が保存、継承している。

(全文 480 文字 / 残り 286 文字)