台風10号、16日に本県最接近 気象台が警戒呼び掛け

お気に入りに登録

 大型の台風10号は日本海を北上し、16日の日中に秋田県に最接近するとみられる。暴風や大雨に見舞われる可能性があり、秋田地方気象台は土砂災害や河川の氾濫などに注意を呼び掛けている。15日は西日本を直撃し、秋田空港を発着する大阪便、名古屋便の計4便が欠航するなど県内にも影響が出た。

 気象台によると、16日の県内は台風が最接近する昼すぎから夜にかけて、雷を伴って1時間に50ミリの激しい雨が降る見込み。最大瞬間風速は沿岸の海上と陸上で30メートル。最大風速はそれぞれ20メートル、15メートル。内陸では最大瞬間風速20メートル、最大風速10メートル。波の高さは6メートルで、海上は大しけとなる見込み。落雷や突風の警戒も必要としている。

(全文 818 文字 / 残り 502 文字)

秋田の最新ニュース