県内各地で朝方から30度超 にかほ市は36・5度

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雨が降る中、雨具を着たり傘を差したりして歩く人たち=16日午後3時半ごろ、秋田市のJR秋田駅前
雨が降る中、雨具を着たり傘を差したりして歩く人たち=16日午後3時半ごろ、秋田市のJR秋田駅前

 台風10号の接近に伴い、秋田県内は16日、フェーン現象で未明から気温が上がった。にかほ市では午前6時18分に36・5度を観測。県内の午前6時台の気温としては過去最高だった。

 秋田地方気象台によると、台風に伴う南東寄りの湿った空気が奥羽山脈を越える際に温度を上げるフェーン現象が発生した。午前9時台に大館市で35・5度、能代市でも35・0度に達する猛暑日となったほか、県内26観測地点のうち23地点で朝方に30度を超えた。

(全文 420 文字 / 残り 209 文字)