#不登校は不幸じゃない 18日、潟上に「居場所」あります

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イベント本番を前に小幡さん(左から2人目)と意見交換する高橋さん(左端)ら
イベント本番を前に小幡さん(左から2人目)と意見交換する高橋さん(左端)ら

 不登校の児童生徒やその保護者らを対象にしたイベント「#不登校は不幸じゃない」が18日、秋田県潟上市で開かれる。学校の夏休み明けに子どもの自殺が増える傾向にあることから、夏休み終盤に企画。主催者は「学校に行かなくても『居場所があるよ』と伝えたい」と話す。

 不登校経験者で「学校は行かなくてもいい」などの著作がある和歌山市の起業家、小幡和輝さん(25)が発起人。昨年に続いて2回目で、今年も全国約100カ所で同日に開催される。

 潟上市会場の主催者は、中学時代に不登校を経験した秋田市の会社員高橋孝治さん(23)。会員制交流サイト(SNS)で小幡さんの呼び掛けを知り「秋田でもやりたい」と声を上げた。

(全文 623 文字 / 残り 325 文字)