紙粘土の装身具と風景写真楽しんで 18日まで秋田市で展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
初の合同展を開催している千葉さん(右)と江藤さん
初の合同展を開催している千葉さん(右)と江藤さん

 秋田県仙北市角館町の写真家・千葉克介さん(73)と、神戸市のジュエリーデザイナー・江藤久子さん(74)による合同展が16日、秋田市中通のアトリオンで始まった。北東北を中心に美しい自然を切り取った写真21点と、紙粘土を使ったアクセサリー約80点が並ぶ。18日まで。

 千葉さんは24歳の頃から仙北市を拠点に写真家として活動。江藤さんは約40年にわたり創作を続けており、今回は共通の知人を介して合同展が実現した。

(全文 506 文字 / 残り 302 文字)