全国の地ビール楽しんで 秋田市で「フェス」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
好みのビールを手に乾杯する来場者
好みのビールを手に乾杯する来場者

 全国各地の地ビールを楽しめる「クラフトビアフェスティバル」が17日、秋田市のJR秋田駅前大屋根下とアゴラ広場で始まり、来場者は味や香りが異なる多彩なビールを味わった。18日まで。

 地ビールへの関心を高めようと、県内のビール醸造所や飲食店でつくる実行委員会(長谷川信代表)が毎年開いており、今年で10回目。秋田や北海道、沖縄など各地の36社が参加し、80銘柄以上が提供された。

(全文 432 文字 / 残り 244 文字)