本紙などに賞状、JCJ賞贈賞式 地上イージス報道で初受賞

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
贈賞式で賞状とトロフィーを受け取る松川編集委員(右)
贈賞式で賞状とトロフィーを受け取る松川編集委員(右)

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は17日、優れたジャーナリズム活動に贈る第62回JCJ賞の贈賞式を東京・内幸町の日本プレスセンタービルで行い、秋田魁新報社取材班の「イージス・アショア配備問題を巡る一連の報道」など5件にJCJ賞や大賞を贈った。

 同社取材班を代表し、賞状とトロフィーを受け取った社会地域報道部の松川敦志編集委員は「なぜ住宅地に近い場所にミサイル発射基地を配備するのか、そういう素朴な疑問から取材を深めていった。今後も粘り強く、地域住民の目線に立って報道していきたい」と話した。

(全文 666 文字 / 残り 420 文字)