高橋惇さん優勝 本荘追分全国大会・大賞の部

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大賞の部で悲願の優勝を果たした高橋さん
大賞の部で悲願の優勝を果たした高橋さん

 第36回本荘追分全国大会(秋田県由利本荘市商工会主催、秋田魁新報社など後援)が17日、同市文化交流館カダーレで開かれた。大賞、高年、年少の3部に計91人が出場。年齢制限なしの「大賞の部」は45人で争われ、由利本荘市の派遣社員高橋惇さん(29)が優勝を飾った。同市から優勝者が出たのは第32回大会以来4年ぶり。

 高橋さんは西目小3年生の頃に民謡を始め、第17回の同大会では年少の部で最優秀賞に輝いた。大賞の部には10年以上連続で出場し、決勝戦の常連だったが、優勝にはあと一歩届かなかった。

(全文 767 文字 / 残り 523 文字)