三種町の写真で残暑見舞い 中大準硬式野球部、町内で合宿中

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三種町の風景のポストカードで残暑見舞いを送った部員たち
三種町の風景のポストカードで残暑見舞いを送った部員たち

 秋田県三種町で合宿中の中央大学準硬式野球部の部員が、町の風景や伝統芸能の写真が印刷されたポストカードを使い、県外に残暑見舞いを送っている。家族や部活動の支援者に宛てて水田の美しさや食事のおいしさをつづっており、毎年恒例の合宿地である町の観光PRに一役買いたい考えだ。

 中央大準硬式野球部は東都大学1部リーグで62回、全国大会で12回の優勝を誇る強豪。旧琴丘町時代の39年前から町内で合宿をしている。

 ポストカードは町が野球部に提供した。風車が並ぶ夕暮れ時の釜谷浜やジュンサイ沼、伝統芸能の森岳歌舞伎の場面を切り取った写真が印刷されている。部員たちは合宿を終える19日までに、関東地方を中心に約100枚を送る。

(全文 494 文字 / 残り 189 文字)