囲碁、仲邑・福岡ペアが敗北 日中の俊英ドリームマッチ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ペア碁俊英ドリームマッチで中国ペアと対局する仲邑菫初段(奥左)と福岡航太朗初段=東京都内のホテル
ペア碁俊英ドリームマッチで中国ペアと対局する仲邑菫初段(奥左)と福岡航太朗初段=東京都内のホテル

 日本と中国の囲碁のホープが争う、ペア碁俊英ドリームマッチが18日、東京都内のホテルで打たれ、日本の仲邑菫初段(10)・福岡航太朗初段(13)ペアが中国の若手ペアに敗れた。

 ペア碁は男女2人一組のペアで対戦する。若手ペア同士の一戦は激しい戦いとなったが、中国ペアが抜け出した。仲邑初段は「ペア碁は今までやったことがなかったので、面白かったです」とコメントした。

 今回の対局は、19日から20日にかけて開催される「世界ペア碁最強位戦2019」に先立ち行われたエキシビションマッチ。同大会は日本、中国、韓国、台湾の棋士がペア碁世界一を争う。