女子ダブルス桜本・高畑組連覇 バド・秋田マスターズ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子ダブルス決勝・桜本、高畑組―マルワー、シャイカー組】第3ゲーム、レシーブする高畑(左)。右は桜本
【女子ダブルス決勝・桜本、高畑組―マルワー、シャイカー組】第3ゲーム、レシーブする高畑(左)。右は桜本

 バドミントンの国際大会「ヨネックス秋田マスターズ」最終日は18日、秋田市のCNAアリーナで各種目の決勝を行った。日本勢は女子ダブルスで桜本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)がインドネシアのペアに2―1で競り勝ち、連覇を果たした。大会組織委員会によると、6日間の期間中、延べ9千人が観戦に足を運んだ。

(全文 248 文字 / 残り 99 文字)