踊り手の大きな輪広がる 八郎潟・一日市盆踊り開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京五輪にちなんだ衣装の踊り手たちが目立った一日市盆踊り
東京五輪にちなんだ衣装の踊り手たちが目立った一日市盆踊り

 秋田県八郎潟町の一日市盆踊りが18日夜、町中心部の一日市上町大通りで開幕した。着物や仮装姿の踊り手が、力強い太鼓と笛のおはやしに合わせて3種類の踊りを優雅に歌い舞った。20日まで。

 浴衣姿の小学生らによる子どもの部に続き、午後8時20分に一般の部が始まった。風俗や世事を取り込んだ手作りの衣装は今年も盛んで、来年の東京五輪にちなんで五輪マーク付きのドレスを着たり、聖火ランナーやスポーツ選手などに扮(ふん)した踊り手が目立った。

(全文 440 文字 / 残り 225 文字)