縁結びも相手もAIでマッチング 結婚支援センター導入へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 縁結びに人工知能(AI)を活用します―。秋田県や市町村などが運営する「あきた結婚支援センター」が、独身男女の出会いを支援するマッチングシステムをリニューアルする。全国約15万組の交際・成婚データを蓄積するAIが、登録会員から相性の良いお見合い相手を探し出す。効果的なマッチングにつなげようと、センターは来年1月の運用開始を目指している。

 新システムでは、会員が自宅のパソコンやスマートフォンから自身の価値観や好みなどに関する102の質問に回答する。その回答を基に、婚活支援サービス大手「パートナーエージェント」(東京)が開発したAIが、どのような人が相性が良いのかを診断し、お見合い相手を会員から選び出す。

(全文 1043 文字 / 残り 739 文字)