仙北が堂々4強、全国中学軟式野球 準決勝で浅川に敗れる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
浅川戦に先発した長淵
浅川戦に先発した長淵

 第41回全国中学校軟式野球大会第3日は19日、滋賀県の甲賀市民スタジアムなどで準々決勝と準決勝を行い、東北第2代表で初出場の仙北(大仙市)が4強に食い込んだ。県勢のベスト4は第18回大会の八竜以来、23年ぶり。

 仙北は準決勝で九州第3代表の浅川(福岡)と対戦。延長十回タイブレークの末、6―9で惜しくも敗れた。

(全文 587 文字 / 残り 431 文字)