米政権がツェッペリン支持の意見 「天国への階段」の盗作訴訟

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジさん(右)とロバート・プラントさん=1985年、米フィラデルフィア(AP=共同)
レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジさん(右)とロバート・プラントさん=1985年、米フィラデルフィア(AP=共同)

 【サンフランシスコ共同】英人気バンド、レッド・ツェッペリンの名曲「天国への階段」が盗作かどうかを巡る著作権訴訟で、米司法省が18日までに、サンフランシスコの連邦高裁に著作権法の解釈で被告のツェッペリン側に有利となる意見書を提出した。米メディアが伝えた。

 米人気バンド、リンキン・パークのマイク・シノダさんら約120人のミュージシャンやプロデューサーらも盗作には当たらないとの申し立てを行った。9月に予定される高裁での再審理を前に動きが活発化している。

 天国への階段は1971年発表。ロック史に残る名曲として知られ、訴訟は音楽界で最も有名な盗作疑惑裁判の一つ。