4万本のヒマワリ見頃 休耕田利用、田沢湖畔

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
見頃を迎えた田沢湖畔のヒマワリ
見頃を迎えた田沢湖畔のヒマワリ

 秋田県仙北市田沢湖潟の大沢地区の休耕田約60アールに植えられている4万本以上のヒマワリが見頃を迎え、湖畔を訪れた観光客の目を楽しませている。

 ヒマワリ畑の近くでたつこ茶屋を営む三浦久さん(70)が2016年から栽培を始めた。今年は住民組織「生保内地域運営体」が種子や肥料を提供し、三浦さんが会長を務める大沢町内会の住民が世話をしている。

 ヒマワリは高さ1・5メートル前後に成長し、今月中旬に花を咲かせた。帰省客や観光客が畑の中で写真撮影したり、周囲を散歩したりして楽しんでいる。

(全文 312 文字 / 残り 72 文字)