地元の肉や野菜に舌鼓、搾乳体験も 鳥海高原花立牧場フェス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バーベキューを楽しむ来場者
バーベキューを楽しむ来場者

 「鳥海高原花立牧場FESTA2019」が17日、秋田県由利本荘市矢島町の鳥海高原花立牧場で開かれた。県内外から約千人が訪れ、高原で生の演奏や歌を聞きながらバーベキューを楽しんだ。同牧場などでつくる実行委員会(佐藤俊弥委員長)の主催。

 来場者が手ぶらで参加できるよう、会場にはバーベキューセットや食器、調味料などを用意。同牧場産ジャージー牛の肉2頭分(計約600キロ)のほか、タマネギやカボチャなど地元産の野菜を販売した。来場者は、タンやサーロイン、リブロースなど9種類の部位から選んで購入し、その場で焼いて味わった。

 特設ステージでは、多彩なアーティストや団体が演奏やダンスを披露。にかほ市のフォークデュオ「ケースケ&マサ」のマサさんや、青森県むつ市のポップス歌手Sinon(しのん)さんも出演し、会場を盛り上げた。

(全文 639 文字 / 残り 280 文字)