「洋上風力、推進すべき」 長谷部由利本荘市長、賛否初言及

お気に入りに登録

 洋上風力発電の先進地調査で欧州3カ国を7月に訪問した秋田県由利本荘市の長谷部誠市長は20日の定例会見で風力発電について、「環境さえ整えば推進すべきだ」と述べた。長谷部市長が洋上風力発電の賛否に言及したのは初めて。

 長谷部市長は「低周波音や超低周波音による健康被害の有無が気になっていたが、訪れた4市の市長は全く害はないと断言していた。周辺の住民からもそういう声は聞かれなかった」と強調。「地球温暖化防止、原発依存度低減といった点からしても、環境さえ整えば、推進すべきではないかと思う」と述べた。

(全文 535 文字 / 残り 287 文字)

欧州の洋上風力発電事情や県内の状況を連載しています