浴衣涼やか、通り彩る 由利本荘で夕涼み行事、あきた舞妓も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
あきた舞妓と記念撮影する来場者
あきた舞妓と記念撮影する来場者

 かつて川港町として栄え、今も古い建物が残る秋田県由利本荘市石脇の通称・石脇通りで18日夜、浴衣で歩く夕涼みイベントが開かれた。浴衣姿の老若男女が次々と訪れ、あんどんの明かりにほんのり照らされた情緒あふれる街並みをのんびりと歩いた。

 会場は約500メートルにわたって歩行者天国となり、露店が立ち並んだ。楽器演奏やあきた舞妓(まいこ)による踊り、浴衣コンテストなどのイベントも行われ、にぎわいを見せた。

(全文 426 文字 / 残り 226 文字)