時代を語る・佐藤明(33)芸術の高み目指して

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パリの街角のショーウインドーで見掛けたジャズの人形
パリの街角のショーウインドーで見掛けたジャズの人形

 ジャズが好きなのは、ジャズ自体が時代時代で変わっていくのが面白いからでしょうね。

 大好きなミュージシャンを3人挙げるなら、まずギタリストのパット・メセニー。1977(昭和52)年だったか、デビュー当初から輸入盤を手に入れて聴いてました。作曲から映画音楽まで幅広く手掛け、ギタリストの枠にはとても収まらない音楽家と言うべきでしょうね。次はピアニストのキース・ジャレット。そしてトランペットの大御所マイルス・デイビスです。

(全文 751 文字 / 残り 541 文字)

この連載企画の記事一覧