秋田港に9、10月「スプレンディダ」寄港 見学者、募集中

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
船内見学会が開かれるMSCスプレンディダ=5月9日、秋田港
船内見学会が開かれるMSCスプレンディダ=5月9日、秋田港

 秋田県は9月24日と10月3日、秋田港に寄港するパナマ船籍の大型クルーズ船「MSCスプレンディダ」(13万7936トン、全長333・3メートル、乗客定員3247人)の船内見学会を開く。小学生以上の県内在住者を対象に参加者を募集している。

 スプレンディダはMSCクルーズ社(スイス)が運航。秋田港に今年寄港するクルーズ船としては最大規模で、1637の客室のほか、レストランやバー、シアター、カジノなどを備える。

 申込用紙は県のホームページからダウンロードできるほか、県本庁舎、8地域振興局に置いてある。見学希望日、氏名、住所などを記入し、県港湾空港課宛てに郵送する(9月2日必着)。定員を超えた場合は抽選となる。問い合わせは同課TEL018・860・2541

(全文 588 文字 / 残り 259 文字)