きれいな浜でお出迎え 「海づくり大会」前に会場を清掃

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ごみを集める参加者
ごみを集める参加者

 来月7、8の両日、秋田市で開かれる第39回全国豊かな海づくり大会を前に、放流行事の会場となる同市飯島の秋田マリーナ周辺で22日、清掃活動が行われた。市北部の商工業者や住民らでつくる秋田みなと振興会(矢吹達夫会長)の約50人が、ごみ拾いに汗を流した。

 参加者はごみ袋とトングを手に、近くの砂浜や道路に落ちているペットボトルや空き缶、流木などを拾い集めた。作業は1時間ほどで終了し、集めたごみは45リットルのビニール袋で約50袋分に上った。

(全文 289 文字 / 残り 70 文字)