藤城さん影絵展、来場者1万人突破 湯沢市の小学生に記念品

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田魁新報社の藤原謙事業局長から図録を受け取る近江君(左)
秋田魁新報社の藤原謙事業局長から図録を受け取る近江君(左)

 秋田市中通の県立美術館で開かれている影絵作家・藤城清治さん(95)の「こびとと生きる喜び展」の来場者が22日、1万人を突破した。1万人目の湯沢西小2年の近江智哉君(8)には、藤城さんのサイン入り図録が贈られた。

 近江君は、母親の真由子さん(48)から「夏休みの思い出に行ってみよう」と誘われ、祖母と3人で来館。「アニメが好きで、こびとの絵を見てみたいと思った」と話した。

(全文 435 文字 / 残り 249 文字)