三種町でクアオルト全国大会 100人参加、保養地づくり探る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
健康保養地づくりに取り組む自治体の関係者が意見を交わした全国大会
健康保養地づくりに取り組む自治体の関係者が意見を交わした全国大会

 自然環境や温泉を生かした健康保養地(クアオルト)づくりに取り組む自治体が一堂に会する日本クアオルト協議会の全国大会が22日、秋田県三種町の琴丘総合体育館を主会場に2日間の日程で始まった。加盟自治体8市町の首長や関係者をはじめ、町外から約100人が参加。「地域の健康資源を活用したクアオルトのまちづくり」をテーマに事例紹介や意見交換を行い、質の高い保養地づくりのヒントを探った。

 開会式やガイドの研修会などに続き、健康・医療、観光・計画、環境・景観の3分科会を開催。観光・計画分科会では三種町など3自治体の関係者が取り組み事例を発表した。

(全文 687 文字 / 残り 418 文字)

同じキーワードのイベント情報