ヨネタナ×ナガマツ、メダル懸け対決へ バド世界選手権

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子ダブルス3回戦 タイのペアと対戦する米元(右)、田中組=バーゼル
女子ダブルス3回戦 タイのペアと対戦する米元(右)、田中組=バーゼル

 大舞台のメダルを懸け、女子ダブルス準々決勝で同じ北都銀行の米元、田中組と2連覇を目指す永原、松本組の先輩後輩対決が実現した。ともに3回戦を勝つと、松本は「全力でぶつかるだけ。強気で向かっていけたら」と気合十分。米元は「全く通用しないと思って、しっかり心と体の準備をする」と力を込めた。

 永原、松本組は勝負強さを見せ、デンマークのペアを2ゲームとも2点差で振り切った。日本勢で他の3ペアが先に8強入りしており、1年間の世界ランキングで2枚の東京五輪切符を争う状況で負けられなかった一戦。松本は「流れ的に悪い展開もあったけど、終盤に点数を稼げたのが良かった」と安堵(あんど)した。

(全文 417 文字 / 残り 128 文字)